ギターの種類(10絃ーについて)

ギターの種類(10絃ーについて)

ギターの弦の数は、6本が主流です。 しかし種類によっては、それより少ないものや多いものもあります。 10絃ギターは、弦の数が10本あります。 1960年代の中頃に、世界的に著名なスペインのギタリストが初めて開発をしました。 10絃ギターが開発されたことによって、これまでよりもさらに音楽の可能性が広がったと、世界的にも高く評価されています。 そこまで高く評価された10絃ギターの特徴は、主流である6弦に比べて音の響きが非常に豊だとされています。 これまでよりも不思議な錯覚に陥るのも特徴のひとつで、これらの特徴が音楽の可能性が広がったとされる理由です。 しかし音が響きすぎるのも、クリアさが阻害されてしまうために問題となりました。 この問題は、10絃ギターを使う人には大きな問題となっています。 ですが、10絃ならではの特徴である豊かな音の響きは、他にはない特徴です。 日本人のギタリストも、10絃ギターを使って世界的に活躍しています。

Valuable information

ブラインド内蔵サッシ
http://www.seiwa-elumin.com/

2017/1/30 更新